腰の痛み、腰痛

  • ぎっくり腰で仕事や勉強がままならない
  • 慢性的に反り腰だと感じている
  • 椅子から立ち上がると腰が痛い
  • 腰が痛くて仰向けに眠れない
  • 運転やデスクワークといった長時間腰を動かさないまま一日を過ごしている

どうして腰が痛くなるの?

腰の施術

デスクワークでずっと同じ姿勢だったり、運転を頻繁にされる方、ずっと立ちっぱなしのお仕事をされている方、 産後で赤ちゃんの抱っこが辛い方、スポーツや部活で捻って腰を痛めた方…筋肉が凝り硬まっていることが原因の痛みです。
このように、腰が痛くなる原因は、年代や環境によって変わります。

急性の腰の痛みでよくあるのが、雪かきの中腰で痛めた、季節の変わり目にぎっくり腰になった、寝違いなどです。これは、普段動かしていない筋肉を急に動かしたことにより、筋肉がピキッと伸び切ってしまっています。

急性の痛みと、慢性の痛みの違い

急性の痛みは、安静にしたり時間が経てばよくなることがあります。
しかし、慢性的な腰痛は放置することにより、狭窄症や椎間板ヘルニアなどといった神経を圧迫されたり、骨が変形するといった腰の痛みにも発展することがあります。

筋肉や神経が原因でない場合

重度な腰の痛みを感じている方は、一度専門機関での検査を薦めています。
内臓が原因の腰痛もあり、すべてが接骨院で扱える筋肉に関連して起きた痛みというわけではありません。
腰の痛みは8割が原因不明とまでいわれており、しっかり確認を行わなければ何が原因かどうか定めることができません。
重度の腰の痛みの場合手術を行う選択もありますが、保存療法といって良い身体の状態を続けることにより痛みを出させない方法もあります。

成接骨院の腰の施術対応

足周りのチェック

成接骨院の腰痛の施術は、まず問診と検査から行いしっかり患者様の腰痛の原因を探します。

患者様の体によって施術は変えていきますが、腰が痛い人はインナーマッスルを鍛えるアドバイスも積極的にさせていただいています。
また、当院では特別なハイボルテージ(電気機器)を導入しておりますので、施術とセットで使っていきます。

急性の痛みの方

急性のぎっくり腰、寝違いの方には、真っ先に痛みを和らげる施術を行っており、帰る際には歩いて帰られた方もいます

慢性的な痛みの方

慢性的な腰痛の例として、軽度の坐骨神経痛の方にはハイボルテージと楽トレ(インナーマッスルを鍛える機器)をセットで行うことにより、10回でしびれが取れてきた方もいます。
急性や慢性の痛みによって必要な施術回数は変わってきます。
首周りのチェック
痛みの原因は患部ではないことがほとんどです。
当院では、痛みを訴える方の全身をみて、どうするべきかご提案を致します。

腰痛がとれて、姿勢が変われば、行動も習慣も変わり未来が変わった!美意識が変わった!という嬉しい声も頂いております。