診療時間

産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 産後の骨盤の歪みや開きが気になる
  • 出産の前よりも疲れやすくなった
  • 慣れない育児で肩や腰がつらい
  • 尿漏れや股関節の痛みを抱えている
  • 下半身太り、ぽっこりお腹に悩んでいる

産後のお身体ってどんな状態なの?|長岡市 成接骨院

妊娠すると、骨盤内で赤ちゃんを育て、分娩時に骨盤を通りやすくするために、「リラキシン」という靱帯や関節を緩めるホルモンが分泌されます。このホルモンの作用で、出産のために伸びた靱帯が緩んだまま、開いた骨盤が閉じないことにより、身体に歪みが生じやすくなっています。

産後のお母さんは、無理な体勢での抱っこや授乳などで通常よりも身体に負担がかかる体勢が多く、骨盤がズレたり、歪んだりします。また家事や育児で大忙しのため、辛いまま放置してしまう方もいらっしゃいます。すると、ホルモンの分泌が終わる頃、骨盤が歪んで開いた状態のまま固定されてしまい、産後不調が慢性化したり、下半身太りでズボンが履けない体型へと変化することがあります。

歪んだり開いたりした骨盤を放置するとどうなるの?|長岡市 成接骨院

産後、骨盤が歪んで開いた状態で生活をしていると、姿勢や歩き方がわるくなります。それが続くと身体には様々な不調が出てきます。股関節の痛み、恥骨痛、冷え性、尿漏れ、脚の付け根の痛み、腰痛、肩こりになられる方がおられます。また、産後の腹筋の減少で、内臓下垂を起こし自律神経系の不調を患う方やホルモンバランスの崩れから腱鞘炎になられる方もおられます。

産後の骨盤矯正はいつからいつまでがいいの?|長岡市 成接骨院

長岡市の成接骨院の産後骨盤矯正は、産後2か月目~1年以内に受けていただくことをオススメしています。最初の1か月は、産後のお身体をしっかりと休めてあげる事が大切です。

特に帝王切開や会陰切開をされた方は、約1~2か月かけて元に戻ると言われています。その傷が治りきる前に矯正を行ってしまうと、傷口が開き痛みや出血を起こしてしまうため、かかりつけのお医者さんとご相談いただくことをオススメします。

長岡市の成接骨院の産後骨盤矯正の方法とは?|長岡市 成接骨院

まず不調の原因を念入りに調べるカウンセリングと出産で歪んだ姿勢を分析し、状態にあわせた施術を行います。ひとえに痛みをとるといっても、患者様の生活環境や身体によって、施術方法は全く違ったものになります。身体と骨盤の状態をみながら、手技にて丁寧に歪んだ骨格と筋肉のバランスを整えるように施術をさせていただきます。

自宅でできる簡単なセルフケアの指導や、骨盤ベルトの締め方指導もおこなっています。自己流で巻いてしまい、巻く場所を間違えてしまうと、かえって骨盤が歪んでしまうこともありますので、しっかりと指導させていただきます。

また成接骨院では、寝たままインナーマッスルを鍛える機械「楽トレ」を導入しています。自己流の腹筋では鍛えられない、姿勢を保持するためのインナーマッスルを鍛えられる機器で、インナーマッスル強化とお身体の引き締めが期待できます。骨盤矯正で整えた骨盤を維持するためにも+筋力アップはおすすめです!

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒