診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ぎっくり腰で急に動けなくなった
  • ぎっくり腰を何回も繰り返している
  • ベットや椅子から起き上がることができない
  • 整骨院や整形外科でも治らなかった

「ぎっくり腰」はなぜ起こるのか?|成整骨院

ぎっくり腰の名称は「急性腰痛」といいます。

その名の通り急激に発症した腰痛を指し、整形外科的には「腰部捻挫」という状態になります。欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれています。

「重いものを持ち上げた時」や「布団から起き上がろうとした時」など日常生活で急な負担によって発症します。

原因は様々ですが、多くの人に骨盤の「仙腸関節」の問題が見られます。

仙腸関節は骨盤の蝶番であり、上半身の重みを支えている土台となっている場所です。

この仙腸関節が、日常的な急な負担によって動きが悪くなり、突然の痛みを引き起こすのが、ぎっくり腰なのです。

ぎっくり腰を放っておくとどうなるの?|成整骨院

ぎっくり腰になったあと、湿布やコルセットを用いて痛みが引くのを待つという患者様が圧倒的に多いのですが、そのまま放置しておくことはお勧めしません。

なぜなら、湿布や痛み止めで痛みが緩和されていたとしても一時的に筋肉が引きつって硬くなっているのであれば、「急激な運動や動作」「不良姿勢での生活」「血行不良」などによって再発する可能性が極めて高くなります。

また何度も繰り返しているうちに、癖になる可能性があります。最悪の場合、「腰椎椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」のような重い状態に進行することもあります。

ぎっくり腰の施術について|成整骨院

ぎっくり腰になってしまった際、痛みが強いためさまざまな日常生活の動きができなくなります。

そのツライ状態を放置するのではなく、早期に適切な処置をすることで、圧倒的に回復が早まります。

成接骨院にお越しの方から「こんなに早く良くなるなら、早く来ていればよかった」と、喜びの声を多数いただきます。

当院では症状によって施術は変わりますが、原則として骨盤の関節である仙腸関節が正常に機能するように施術を進めていきます。

正常に機能するようになることで、動作のしやすさが確保されて痛みの軽減が早くなります。これにより早期に回復が見込め、日常生活により早く復帰することが期待できます。

また炎症が強い場合はアイシングとプロのスポーツ選手も使用しているハイボルテージ治療器を使い、炎症が早く引くように施術したりもします。

繰り返しぎっくり腰を発症している方には、身体の使い方や癖、姿勢の悪さを根本的に治していく「姿勢矯正」や加齢や出産、不良姿勢で低下している深層筋である「インナーマッスル」を強化するトレーニングなど、患者様の状態に合わせて様々な角度から提案をさせていただきます。

「痛くて動けない」「何度も繰り返すぎっくり腰をどうにかしたい」と思っている方は、放置せずに早めにご相談ください。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒