診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いたり、立っているとお尻や足が痛い
  • 長時間歩けない
  • お尻から足にしびれがある
  • 腰を反れない
  • 脊柱管狭窄症と診断されたが手術をしたくない

脊柱管狭窄症とは?|成接骨院

脊柱管は、背骨の中にある脊髄という大きな神経が通っている管のことを言います。

この脊柱管が何らかの原因で狭窄(狭くなる)することで、大きな神経の脊髄を圧迫して痛み・しびれなどの症状を引き起こしてしまうのが、脊柱管狭窄症です。

脊柱管狭窄症の特徴は、間欠性跛行という歩き方です。

脊柱管は背骨の中にあるので、体の後ろ側にあります。

体を後ろに倒したり、反り腰になってくると狭くなっている脊柱管をより狭くしてしまい、脊髄が圧迫されて症状が強くなってしまいます。

その為、歩いていて症状が強くなってから前かがみで休んでいると狭くなって、圧迫されていた脊柱管の負担が軽減することにより症状が消失して、また歩き出せます。

これを間欠性跛行と言います。

もうひとつの特徴は、体を後ろに反ることがほとんどできません。

これは脊柱管が体の後ろにある為、後ろに反ろうとすると脊柱管が圧迫されて痛み・しびれが強くなるので、後ろに反ることができないのです。

脊柱管狭窄症の原因は?|成接骨院

脊柱管狭窄症の原因は様々なことが考えられますが、多くは加齢による脊柱管の変性と言われています。

加齢による変性がほとんどの為腰椎のヘルニアに比べ、50代以降の中高年の方に多く見られます。

症状が酷くなると、内科的な膀胱直腸障害が出現してしまうこともあり手術の可能性もある為、脊柱管狭窄症の症状をそのままにしておくのは危険です。

成接骨院の脊柱管狭窄症の施術方法|成接骨院

脊柱管狭窄症の原因を把握する為の検査、歪みのチェックをします。

脊柱管狭窄症は、脊柱管に負担をかけないことが重要になります。その為には、姿勢を正していくことが必要です。

姿勢を正していくには、歪みを整える骨盤矯正・猫背矯正(姿勢矯正)を行っていきます。

その後、負担のかかっている腰・臀部周辺の筋肉、関連のある筋肉にアプローチしていきます。

それにより姿勢は改善します。ただ、姿勢が良くなったとしてもその状態が安定していないとまたすぐに姿勢が崩れて、脊柱管に負担をかけてしまいます。

姿勢を安定させたり、支えるのは筋肉です。特に体幹といわれるインナーマッスルが重要です。

このインナーマッスルが弱いままだとまた繰り返してしまいます。

いい状態を安定させるには筋肉のトレーニングが必要です。

ご自身でトレーニングできるのが1番です。ただ、それが難しい方は『楽トレ』というインナーマッスルを鍛える機械を使ってトレーニングしていきます。

成接骨院では痛みを取るだけではなく、痛みの出にくい体作り、動ける体のサポートをしております。

お悩みの方はぜひご相談ください。

執筆者:
柔道整復師 成接骨院 院長 長谷川辰成

HPをご覧の皆さんこんにちは!
『成接骨院』院長の長谷川です!
この度平成29年4月より地元長岡市越路地区来迎寺に開業しました。
少しでも皆様のお体の悩みや不安・痛みに対してお役に立てればと思っております。
施術は一人では出来ません。
患者様と施術家の二人三脚だと私は思います。
一緒に健康なお体を目指しましょう!
当院は交通事故治療にも特化しております。
【患者様の不安・悩み】に微力ながらお手伝いが出来たらと思っております。
また、交通事故に強い士業の先生方と提携しておりますので安心して通院して頂ける環境になっています。
「他の接骨院・整骨院に通っているがなかなか症状が改善しない」「その場しのぎではなく、しっかりと根本から改善させたい」「整体やカイロプラクティックに行っても、効果を感じられない」 という方は成接骨院へご相談ください。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒
招待状