診療時間

腰椎分離症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰を反らすと痛みがでる
  • お尻や太ももに痛みやしびれがでる
  • 疲れが出ると腰痛と足のしびれが出て辛い
  • 病院で腰椎分離症と言われ、湿布と薬を服用したがよくならなくて困っている

腰椎分離症とは?|成接骨院

腰椎分離症は背中を反らす動作や体をひねる動作を繰り返すことで、腰椎の後方部分(関節突起幹部)に亀裂が生じ、疲労骨折が生じている状態です。

成長期では骨の構造が弱いため、スポーツを行っている小学生~高校生に発症する事が多く、特定方向への動作を繰り返すスポーツ(野球・サッカー・バレーなど)で発症しやすいとされています。

また大人でも発症してしまう可能性はあります。

腰椎分離症の症状とは?|成接骨院

症状は病期によって異なってきます。

分離発生段階では、狭い範囲に限られた痛みを感じ、ほとんどスポーツ中やスポーツ直後に腰痛を自覚することが多いです。

安静時は痛みが出ないこともあるため、発症に気付かないケースも少なくありません。

また背中を反らせたり、腰をひねったりすると腰痛が強くなる傾向があります。

腰痛が主症状ですが、お尻や大腿外側の痛みやだるさが出る場合もあります。

運動だけではなく長時間の立位、座位、中腰姿勢でも腰痛を起こしやすいですが、椎間板ヘルニアのような神経麻痺症状を伴うことはありません。

また大人の腰椎分離症の場合は、腰をひねると痛みが強まる傾向があります。

症状は腰痛に似ていることもあり、単なる腰痛と勘違いしてしまっている人も多く、改めて検査をしたことで腰椎分離症であると診断されることも少なくありません。

腰を曲げることや重いものを持つ際に痛みを生じることが多く、症状が進行していなければ持ち上げることも困難になってしまいます。

腰椎分離症をそのままにしないために|成接骨院

安静にしていると1か月ほどで症状は落ち着いてきますが、骨の癒合がしていない場合は、将来的に腰椎椎間板性ヘルニアや腰椎すべり症になる可能性が高くなりますので、安静にして1か月しても痛みがある場合は、放置せず整形外科や接骨院の受診をおすすめします。

腰椎分離症の治療について|成接骨院

腰椎分離症の治療は症状状態が酷い場合は整形外科の医師の判断のもと安静にされることをおすすめしております。

しかし腰椎分離症の初期の段階で治療をせず、骨の癒合が出来ずに腰椎すべり症や腰椎椎間板ヘルニアになってしまった場合は、体の負担が出ないように、歪んでいる骨盤を正常に戻す「骨盤矯正」や自身の筋肉で背骨をしっかりと支えられるように、インナーマッスルを鍛える「楽トレ」などで痛みの出にくい体になるように治療を進めていきます。

執筆者:
柔道整復師 成接骨院 院長 長谷川辰成

HPをご覧の皆さんこんにちは!
『成接骨院』院長の長谷川です!
この度平成29年4月より地元長岡市越路地区来迎寺に開業しました。
少しでも皆様のお体の悩みや不安・痛みに対してお役に立てればと思っております。
施術は一人では出来ません。
患者様と施術家の二人三脚だと私は思います。
一緒に健康なお体を目指しましょう!
当院は交通事故治療にも特化しております。
【患者様の不安・悩み】に微力ながらお手伝いが出来たらと思っております。
また、交通事故に強い士業の先生方と提携しておりますので安心して通院して頂ける環境になっています。
「他の接骨院・整骨院に通っているがなかなか症状が改善しない」「その場しのぎではなく、しっかりと根本から改善させたい」「整体やカイロプラクティックに行っても、効果を感じられない」 という方は成接骨院へご相談ください。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒
招待状