診療時間

頭痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きると頭痛がある
  • デスクワークやスマートフォンをしていて頭痛が出る
  • 肩こり、首こりからくる頭痛がある
  • 頭痛で薬を飲んでいる
  • お天気頭痛がある

このような症状でお悩みの方は成接骨院にお越し下さい。

頭痛とは?|長岡市 成接骨院

頭痛には1次性頭痛と2次性頭痛があります。2次性頭痛は病気が原因の緊急性がある頭痛で、くも膜下出血や脳出血などの可能性がありますので直ぐに病院にかかってください。

1次性頭痛はいわゆる慢性頭痛になります。1次性頭痛には緊張性頭痛、偏頭痛、群発性頭痛があります。

緊張型頭痛は1次性頭痛の中で1番多く、姿勢の悪さなどから首・肩周りの筋肉に負担がかかり、筋緊張が強くなることで血流が悪くなり頭痛が出てしまいます。

偏頭痛は緊張性頭痛の次に多い頭痛です。ズキズキと脈打つような頭痛が特徴で、20~40代の女性に多いです。血管が広がると頭痛が出てしまうと言われています。血管を広げてしまう入浴や運動は頭痛時には避けてください。

頭痛の症状が重い方は、筋肉が硬くなることで起こる緊張性頭痛、血管が広がることで起こる偏頭痛の両方を起こしてしまう混合タイプの方もいます。

群発性頭痛は目の奥がえぐられるような激しい痛みが特徴です。男性に多いですがその数は少なくまれです。症状が出てしまうと1~2カ月毎日痛みが続いてしまいます。原因は詳しくわかっていませんが、動脈が広がり炎症が起きるからではないかと言われています。

1~2カ月痛みが続いてしまう群発期にアルコールを摂取すると頭痛が出てしまうので控えてください。

症状を放っておくとどうなるか?|長岡市 成接骨院

放っておいても頭痛は良くなりません。しかし、我慢して生活することは辛いことです。ですが、だからといって頭痛薬を使いすぎることは危険なことでもあります。

薬の使いすぎによる頭痛を知っていますか?これは女性に多いそうです。痛みが出るかもしれないという不安などから薬を飲む量や回数が増え、脳で痛みの感じ方が変わり頭痛が複雑化して薬が効きにくくなってしまいます。それだけでなく薬の量や回数が増えると胃腸障害、腎障害を起こしてしまうこともあります。頭痛薬の使いすぎにはお気をつけください。

成接骨院の頭痛の施術|長岡市 成接骨院

頭痛の共通しているところは、血管が収縮したり広がったりして血流量が安定していないことが考えられます。脳に血液を送る首の骨の中を通る椎骨動脈が大事です。成接骨院では、首・肩周りの筋肉を緩めるだけではなく骨格にもアプローチしていきます。

筋肉だけにアプローチして楽になってもその場限りですぐに筋肉が硬くなってしまいます。それは、姿勢が悪いことで筋肉にかかる負担がすぐに強くなってしまうからです。そのため姿勢が重要になります。筋肉と骨格のバランスを整え姿勢を正していきます。

姿勢が正されることによって首・肩周りの筋肉にかかる負担が減り、首・肩周りの血管の血液量も安定しやすいです。頭痛がある方は、首こり・肩こりにも悩まれている方が多いです。首こり・肩こりにも姿勢から改善していくことが効果的です。成接骨院で姿勢から頭痛を改善していきましょう。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒