診療時間

腰椎すべり症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 慢性的な腰痛がある
  • 腰を反らすと痛みがでる
  • 長い距離を歩けない
  • お尻から足にかけてしびれる

腰椎すべり症とは?|成接骨院

すべり症とは、腰椎(腰骨)は第1腰椎から第5腰椎まであり、正常な腰椎は正面から見て

横から見てもきれいに並んでいる状態です。しかし椎間関節と呼ばれる背骨の関節が壊れてしまったり、椎間板の異常などによって骨がずれてしまうことがあります。これをすべり症といいます。

すべり症の多くは「腰椎変性すべり症」と「腰椎分離すべり症」のどちらかに当てはまることが多いです。

腰椎すべり症の症状|成接骨院

腰からお尻、太ももにかけての痛みやしびれが出現します。

腰椎がすべることで腰椎の脊柱管(神経の通り道)が狭窄する(狭くなる)ため、「脊柱管狭窄症」と同様に、神経が圧迫された結果、太ももから膝下にかけての痛みやしびれが現れることで、しばらく前かがみで休むと、狭くなっている脊柱管が広がるため、また歩けるようになる「間欠性跛行」が見られることがあります。

腰椎すべり症がなかなか改善しない理由|成接骨院

腰椎すべり症は自然に改善することはありません。ですので、腰椎すべり症によって引き起こされる症状も自然には改善しないということです。

腰椎が腹部側や背部側に滑っていくため、滑り防止を目的に腹や腹部周りの筋肉を鍛えて腰部への負担軽減につなげていくことをおすすめします。

放置しておくと症状は悪化していく一方です。一般的な処置としては、コルセット・ブロック注射・外科的手術などがあります。

成接骨院の腰椎すべり症の施術|成接骨院

成接骨院では、最初に整形外科的検査を行い、症状の損傷段階を把握したうえで施術を開始します。

しびれに対しては電気刺激が有効のため、「ハイボルト治療」を行います。

痛みが慢性的になってしまっている方には、痛みをかばう為にお体が歪んでしまっている状態なことが多いので、歪みを改善するための「骨盤矯正」を行います。

また、インナーマッスルの低下により自力で骨盤を支えられず、背骨が歪んでしまうため、症状が強くなることがあります。そのため、インナーマッスルを「楽トレ」で鍛えることで根本改善に導きます!

執筆者:
柔道整復師 成接骨院 院長 長谷川辰成

HPをご覧の皆さんこんにちは!
『成接骨院』院長の長谷川です!
この度平成29年4月より地元長岡市越路地区来迎寺に開業しました。
少しでも皆様のお体の悩みや不安・痛みに対してお役に立てればと思っております。
施術は一人では出来ません。
患者様と施術家の二人三脚だと私は思います。
一緒に健康なお体を目指しましょう!
当院は交通事故治療にも特化しております。
【患者様の不安・悩み】に微力ながらお手伝いが出来たらと思っております。
また、交通事故に強い士業の先生方と提携しておりますので安心して通院して頂ける環境になっています。
「他の接骨院・整骨院に通っているがなかなか症状が改善しない」「その場しのぎではなく、しっかりと根本から改善させたい」「整体やカイロプラクティックに行っても、効果を感じられない」 という方は成接骨院へご相談ください。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒
招待状