捻挫|長岡市の成接骨院|土曜日営業

診療時間

捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 捻挫をする回数がぐんと増えた
  • 切り返しの多いスポーツをよくしている
  • 身体を動かすと痛いから、パフォーマンスが下がっている
  • 試合に早く復帰したいのに怪我が治らない

どうして捻挫が起きてしまうの?|長岡市 成整骨院

スポーツや転倒などによって足首や指などを捻り、関節部分に強い力が加わることで起こる関節部の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことをいいます。

捻挫は、靱帯の傷つき具合によって、3つのレベルに分けられます。

レベル1度   
痛みも腫れも軽く、靱帯が一時的に伸びている状態

レベル2度   
靱帯の一部が切れている状態

レベル3度   
靱帯が完全に切れていて(靱帯断裂)、関節が不安定な状態

また捻った時の力のかかり具合によって、靱帯だけでなく筋肉や腱が傷ついたり、靱帯に強く引っ張られて骨の一部がはがれる剥離骨折を起こすこともあります。

捻挫を放っておくとどうなるの?|長岡市 成整骨院

「捻挫をしたけど、ちょっと痛いだけで放っておいたら痛くなくなった!」という声を色んな場所で聞くかもしれませんが、放っておいても痛みが軽減しただけで実は完治していません。

昔した捻挫が、今になってたまに痛む…なんてことはありませんか?

放置で痛みが引くことはあっても、靱帯や筋肉、その周りの軟部組織の状態は、捻挫する以前より機能低下した状態になりやすいです。

そんな状態で運動や歩行を続けてしまうことにより、また捻挫を繰り返したりと怪我が増えたり、スポーツパフォーマンスが悪くなったりします。

「捻挫をした後全然なおらない…」「同じところを何度も繰り返して捻挫してしまう」「捻挫してからスポーツでしっかりと動けない」「うまくしゃがめない、正座できない」といった方は、まだ靱帯や関節に問題があると考えられます。

また捻挫の放置は身体のバランスを崩してしまうこともあり、肩や腰、股関節などに痛みがでてしまうという弊害を起こしてしまいやすいので早めの対処が必要です!

捻挫をした方は一度、接骨院で見てもらいしっかりと症状にあった処置を行いましょう。

成接骨院の捻挫の施術方法|長岡市 成整骨院

長岡市の成接骨院では、急性期の捻挫に対しては「安静・冷却・圧迫・挙上といった、基本的な捻挫の処置を行います。また急性期を過ぎた捻挫に対しては「関節の整合性を高め、歪み」を調整していきます。

患者様の状態を見せていただき、何を行うか判断していきます。

骨折の疑いがある場合は、適切な処置を行い、専門機関をご紹介しております。

また捻挫をしてから長期間何も対処をせずに出てきた痛みに対しては、捻挫を起こした患部だけではなく、痛みの出ている原因の検査をして、うまく使えていない身体のバランスを整えて、捻挫の再発防止もかねて全身を見ていきます。

〇部活を頑張る子供の場合

部活で、早く練習に復帰したいといったお子様に対しては、早期に復帰できるような施術もご用意しております。特にサッカーやバレーボールのお子様の治療経験は豊富です。

そんなに痛みがない捻挫だからと放置をしてしまいがちですが、軽視はせずにしっかりと早めに対処をしていくことが大切です!

捻挫をして困った際は、長岡市の成接骨院にご相談ください。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒