診療時間

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きると体がだるく、重たい感じがする
  • 睡眠が以前よりぐっすり眠りづらくなった
  • 便秘や下痢、吐き気などの胃の調子が良くない状態が続いている
  • 頭痛・耳鳴り・動悸が続く

自律神経失調症とは?|成接骨院

私たちの身体は、自律神経によってコントロールされています。

自律神経という体を活性に働かせる神経(交感神経)と体を休めてあげる神経(副交感神経)のバランスが、ストレスや不規則な生活習慣などにより乱れることで起こる、様々な体の不調を総合して自律神経失調症といいます。

自律神経とは?|成接骨院

自律神経は生活する上で必要となる循環、呼吸、消化、体温調節、内臓分泌機能、生殖機能、および代謝のように自分でコントロールできない機能の制御を行います。

自律神経には活動している時、緊張している時、ストレスがあるときなどに働く「交感神経」と、休息している時、睡眠している時、リラックスしている時などに働く「副交感神経」といった2つの相反する神経があります。

現代人は様々なストレスにさらされていることにより、自律神経はダメージを受けてしまい、常に緊張状態にあることで交感神経のみが活発になった結果、消化器官がうまく働かなくなり「胃腸炎」を発症したり、消火器は乱れることで下痢と便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」が発症したり、呼吸が乱れる「過換気症候群」が起こったり、心臓が過剰に働いて「動悸」がしたりと様々な不調を起こしてしまいます。

また近年、自律神経の機能が低下し、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こる「起立性調節障害」を訴える子供も増えています。

特に小学校の高学年から中学生の思春期の子供に多く、中等度や重症の場合、朝なかなか起きられないことから不登校につながることもあり、実際に不登校の子供の約3分の2が起立性調節障害に悩まされているといわれています。

成接骨院の自律神経失調症の施術について|成接骨院

ストレスが原因で交感神経が過剰に反応し、身体を修復する副交感神経の働きが鈍ることにより、休んでも治らない身体の状態になってしまった結果、身体の歪み、筋肉の負担が強くなり、痛みが起こってしまいます。

自律神経の乱れによって起こる骨格の歪み・筋肉の負担には「姿勢矯正」が効果的です。

歪みを整えることで自律神経のバランスを整え、痛みの出にくい身体に変えていきましょう。

執筆者:
柔道整復師 成接骨院 院長 長谷川辰成

HPをご覧の皆さんこんにちは!
『成接骨院』院長の長谷川です!
この度平成29年4月より地元長岡市越路地区来迎寺に開業しました。
少しでも皆様のお体の悩みや不安・痛みに対してお役に立てればと思っております。
施術は一人では出来ません。
患者様と施術家の二人三脚だと私は思います。
一緒に健康なお体を目指しましょう!
当院は交通事故治療にも特化しております。
【患者様の不安・悩み】に微力ながらお手伝いが出来たらと思っております。
また、交通事故に強い士業の先生方と提携しておりますので安心して通院して頂ける環境になっています。
「他の接骨院・整骨院に通っているがなかなか症状が改善しない」「その場しのぎではなく、しっかりと根本から改善させたい」「整体やカイロプラクティックに行っても、効果を感じられない」 という方は成接骨院へご相談ください。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒
招待状