診療時間

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰を反らすと下肢に痛みや痺れを感じる
  • 身体をかがめると痛みがひどくなり思うように動けない
  • 長時間立っている事が辛い
  • お尻から太もも、足先に痛みや痺れがある
  • おしりの痛みが強く、長時間の触っている事が辛い

このような症状でお悩みの方は成接骨院にお越し下さい。

坐骨神経痛とは?|成整骨院

坐骨神経痛で悩まれて、成接骨院にいらっしゃる患者様からお聞きする声として多いのが「坐骨神経痛で病院にかかっているけど、湿布や痛み止めを飲んでもなかなかよくならない」というものです。

坐骨神経痛とは、坐骨神経という人体の中で最も太い神経が、腰椎の間から出て、梨状筋という筋肉の間を通過し大腿部から足先まで続いている神経が何らかの原因で圧迫される事で痛みや痺れが出てしまう事をいいます。また腰椎疾患で坐骨神経痛が出るケースが多くあります。

腰椎と腰椎の間の椎間板が飛び出して神経が圧迫されて起こる「腰椎椎間板ヘルニア」お尻の奥にある梨状筋という筋肉に圧迫をされて起こる「梨状筋症候群」他にも神経の通り道(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫してしまう「脊柱管狭窄症」腰椎がズレる事によって脊柱管が狭くなり神経を圧迫する「腰椎すべり症」などが坐骨神経痛の原因となる疾患です。

症状を放っておくとどうなるか|成整骨院

放っておいても坐骨神経痛は良くなりません。放っておくことで、痛みや痺れはどんどん強くなり、何もしていなくても症状が現れるようになります。

特に歩行時の痛みが強く、休憩しながらでないと歩けなくなると言った「間欠性跛行」という症状が現れることもあります。

成接骨院に受診された方の実際の症状として、痛くて寝むれない。夜中に痛みで目が覚める。足を着くのも痛い。などの酷い症状の方もいらっしゃいます。

成接骨院の坐骨神経痛の施術|成整骨院

坐骨神経はお尻から足先まで太く長い神経なのでトラブルも起きやすく、どこに原因があるのかを突き止めることが重要です。

成接骨院では最初に整形外科的検査を行い、症状の把握をしたうえで施術を開始します。

特に椎間板ヘルニアや梨状筋症候群に関して、骨盤や骨格に歪みがあり、体に負担のかかる姿勢で生活をしてしまっていることがあげられます。坐骨神経痛を根本から改善するには、骨盤・骨格の歪みを取り除き、負担のかからないよい姿勢で生活することが大切になります。

坐骨神経痛の根本的な原因は、患者様の体によって異なりますが、主に骨盤・骨格の歪みを矯正し、悪い姿勢でいたことで凝り固まった筋肉を緩め、正しい姿勢に戻すことで根本から改善することができます。成接骨院の姿勢矯正でよい姿勢になると「椎間板への負担が減少」「正しく体が支えられ使えるようになることで筋肉の負担が減り、筋肉のコリの緩和」「動きづらい関節が正常に動かせる」ことができます。

また正しい姿勢に安定させた状態で、体を支えてくれるインナーマッスルを「楽トレ」という機械を使い、内側から筋肉を強化し、悪い姿勢に戻らないようにしていくと坐骨神経になりにくい体になっていきます。

坐骨神経は痛めてしまうと、なかなか解消せずに何カ月~何年も我慢し、あきらめてしまう方もいらっしゃいます。坐骨神経痛の原因をしっかりと見極め、正しい姿勢作りを行い、坐骨神経痛に悩まされない生活を一緒に手に入れましょう!

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒