診療時間

背中のいたみ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 寝ている時に背中が辛くて、仰向けになって寝られない
  • 病院で精密検査をしても原因がわからない
  • 姿勢が悪い、身体が硬いと自覚している
  • 長時間座っていると背中が辛くなる

背中のいたみとは|成接骨院

背中のいたみといっても様々なことが考えられます。

背中は大小様々な筋肉がついており、体の動きほぼすべてに関わっています。特に姿勢が崩れることで骨盤と背骨に負担がかかり、背骨の部分に応力が集中してしまい、痛みやハリ感として訴える方が多くいます。

背中の痛みの大抵は筋緊張や関節の歪みによる動きの悪さ原因で痛みを出すことがほとんどですが、まれに内臓系による関連痛として背中が痛くなることがあります。

姿勢の悪さが原因で痛みを出していることがほとんどですが、整体を受けてもなかなか良くならない・全く症状が改善しないなどといった場合は、一度病院で精密検査を受ける必要がある場合もあります。

背中のいたみの原因とは|成接骨院

背中は骨盤・腰椎・胸椎・肩甲骨と大小様々な筋肉で構成されていて、体の動きの大部分に関わっています。また内臓や姿勢を保持している大切な働きをしてくれるところでもあります。

背中の痛みの大部分が日常生活によるものが多く、主に姿勢の悪さが関係しています。

立っていても、座っていても常に体を支える為に働いている背部は、デスクワークやスマホのいじりすぎによる猫背姿勢になることで、影響を受けてしまいやすいです。

長時間の座り姿勢では、自分の楽なように座ってしまい、背もたれにもたれかかり骨盤を後傾させて、胸椎の後弯を強め背中の筋肉にストレスを与え続け、結果として背中の筋肉にコリや痛みを出します。

また疾患からくる原因として、内臓系の病気やヘルニアなどの骨関連の疾患があります。

①椎間板ヘルニア

骨と骨とをつなぐ椎間板に亀裂ができて、中の椎間板組織の一部が飛び出し、神経を圧迫することで起こります。

若い人にも比較的に多く、動くと背中から腰、足の激痛とツッパリ感などで動けなくなることもあります。

②変形性脊椎症

長年の負担によって椎間板が変形し、神経の通り道である背骨の脊柱管が狭くなり、神経を圧迫するために起こります。

立ち止まって休養をとると症状が緩和し、歩き出してしばらくすると、また悪化するといった状態を繰り返すのが特徴的です。

③頸椎捻挫(むち打ち症)

クルマの追突やスポーツの激しい衝突などで、首がのけぞり、頚椎が捻挫している状態でむち打ち症とも呼ばれてます。

首が動かしにくい、首や肩が痛むなどの症状があらわれ、損傷がひどい場合には痛みが治まっても後遺症として、頭痛や吐き気、耳鳴り、倦怠感に悩まされることもすくなくありません。

④骨粗鬆症

骨量が減少して、骨がスカスカの状態で、日常のささいな動きで小さな骨折を起こしやすくなったり、自分の体重が支えきれず圧迫骨折を起こしたりする疾患です。

脊椎がもろくなることで脊椎を構成する骨が変形や骨折し、神経を刺激したり、圧迫することで動作のたびに痛みが起こり、立ったり座ったりすることさえできなくなるほど悪化することがあります。

⑤尿路結石

原因は不明なことが多いが、生活習慣病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症・痛風など)がある方が好発しやすい傾向があります。

⑥急性膵炎

急性膵炎の原因として多いのは、アルコールと胆石です。膵臓の急性の炎症で主にお腹の上あたりに重度の痛みがありますが背中への放散痛などが見られます。

⑦虚血性心疾患

狭心症・心筋梗塞などの疾患で心臓に十分に血液が送られない状態をいいます。胸や背中に強い痛みや圧迫感、息苦しさ、意識障害などがみられることがあります。

このように筋肉や骨だけでなく内臓由来の背中の痛みもありますが、ほとんどの場合は筋骨由来のものが割合を占めます。

筋骨由来のものは湿布や注射などでは治りません!

根本回復を目指した施術を受けていただき、痛みのない日常生活を送れるようにしましょう!

背中の痛みの施術について|成接骨院

当院では背中の痛みの主な原因である、筋肉、骨格の歪み(不良姿勢)に着目し、歪んだことによる筋肉バランスと関節アライメントを整えて正しい姿勢に導いていきます。

特に背中の痛みを訴えられる方の多くに、反り腰や円背といった背骨の歪みと骨盤の歪みが多くみられます。歪むことでより筋肉にストレスを与えて、痛みや不調につながります。

まずは骨格が歪んだことによって硬く動きの悪くなった筋肉を緩めていきます。緩まった後に関節や骨格を正しい元の状態に矯正を行います。股関節、骨盤、背骨、肩関節、頚部と体を支える為の機能をしっかりと働かせ筋肉、骨格に負担の少ないお体に変えていきます。

また自宅でのセルフケアとして、ストレッチをアドバイスさせていただいております。

背中の痛みは放っておいてはよくありません。

内臓系でない限り、筋肉や骨格に原因があると考えられますので、我慢していると日常生活の負担は増していき、つらい毎日を過ごすこととなります。早急に施術を受けられることをおすすめいたします。

執筆者:
柔道整復師 成接骨院 田所大輝

こんにちは!成接骨院の田所です。
私は中学、高校時代のサッカーのケガで整骨院にお世話になりました。
その際しっかりケガを治して頂き、体が楽になりサッカーができた事に感銘を受けました。
私もそのような体の悩みを抱えている方の、お手伝いがしたいと思い柔道整復師を志ました。
その後、東京の整骨院に勤務しておりましたが縁あって地元の長岡に戻ってまいりました。
東京の整骨院に勤務している時に、姿勢の大切さに気づき姿勢の施術、勉強を続けておりました。
成接骨院でも姿勢から不調を改善する事に力を入れております。姿勢が崩れることで様々な不調が現れてきます。その崩れた姿勢を正す事で不調の改善を図り、皆さまの健康のお手伝いをさせて頂きます!
新潟県は車社会であり、雪国でもありますので交通事故が多く発生する可能性があります。
交通事故による負傷は衝撃が大きく、中々痛みが改善しないで悩まれている方もいらっしゃいます。そういった方々のお手伝いをさせて頂き、微力ながらこの地域に貢献できればと思っております。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒
招待状