診療時間

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 椅子に座っていると痺れ、痛みが強くなる。
  • お尻から足にかけて痺れ、痛みが出てくる。
  • 前屈みをすると、痛みや前屈制限がある。
  • 短時間でも立っていると辛くなる

このような症状がある方は成接骨院にお越しください

腰椎椎間板ヘルニアとは?|長岡市 成接骨院

ヘルニアとはラテン語で「脱出」を意味し、体の中にあるあらゆる組織、臓器が何らかの原因によって、本来の位置から脱出した状態のことを指します。

それぞれの椎骨(背骨)の間でクッションの役割をしている円盤状の軟骨が椎間板です。この椎間板が、加齢、運動、ストレス、また長期の不良姿勢により本来の位置からはみ出した状態が椎間板ヘルニアと言います。

ヘルニアは身体のあらゆる場所で発生し、ヘルニアになった場所によって呼び方が変わります。腰の骨である腰椎の椎間板で生じたものを腰椎椎間板ヘルニアと言います。

腰椎椎間板ヘルニアの症状として、下半身の痺れ、足がうまく動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺があげられます。

また、腰椎椎間板ヘルニアは、最も発生しやすい場所であり、50歳代に多く発生します。

女性よりも男性の方が発症リスクは高く、約2倍ほどです。

放っておくとどうなるの?|長岡市 成整骨院

腰椎椎間板ヘルニアは予後良好の場合が多いですが、腰痛の中でも重症度が高く、放置し続けてしまうと、強い腰痛以外に腰から足にかけての痺れ、感覚麻痺、排尿障害といった症状が見られます。 

また、病院などで腰椎椎間板ヘルニアと診断された人の中には、寝ていると痺れがだんだん強くなって睡眠がしっかりととれない、横になって寝ているだけでも痛みがだんだん強くなっていくといった症状も見られます。

当院の治療方法|長岡市 成接骨院

成接骨院では整形外科的検査を行い、症状をしっかりと把握したうえで施術を始めます。

特に椎間板ヘルニアは骨格や骨盤の歪みがあり、体に負担のかかる姿勢で生活をしてしまっていることが挙げられます。

椎間板ヘルニアを根本からしっかりと改善するには骨盤、骨格の歪みを取り除き、負担のかからないよい姿勢で生活することが大切になります。

患者様のお身体の状態にもよりますが、骨盤・骨格の歪みを矯正し、長年悪い姿勢でいたことで凝り固まった筋肉を緩め、本来の正しい姿勢に戻すことで根本から改善することが可能です。

当院での腰椎椎間板ヘルニアの施術方法は、歪んだ骨格を本来の位置に戻す施術、骨格を支えるインナーマッスルを同時に鍛えることができる「楽トレ」という機械を使います。インナーマッスルを鍛える事で、立つ、座るなど姿勢を保持する筋肉をつけることが可能になります。骨格をいくら正しい状態に出来ても、それを支えるインナーマッスルがしっかりと働かないとせっかくただした骨格もまた歪みが出てきてしまいます。

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術を勧められると、もう腰椎椎間板ヘルニアは治らないと思われる患者様も多数いらっしゃいますが、成接骨院では痛みの根本原因である不良姿勢を正しい姿勢に戻すことで腰椎椎間板ヘルニアの痛みを解消させ、再び痛みを引きおこさない身体作りを行います。

お問い合わせ

  • 成接骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺2583-1
アクセス
「来迎寺」駅より徒歩10秒